40%の段階でメール通知をしてくれるFXの会社を選ぶ

40%の段階でメール通知をしてくれるFXの会社を選ぶ

40%の段階でメール通知をしてくれるFXの会社を選ぶ

 

FXで一番怖いのは、強制的な損切りです。損失の水準がある一定以上を上回ってしまえば、その強制的な損切りが発動される事になる訳ですが、大抵の業者ではメールが送信されるのですね。例えばロスカットの水準が、20%と明示されているとします。もちろんその数字に達してしまった時には、強制的に全てが決済されてしまう訳ですが、それと同時に口座保有者に対してメールが送信される訳です。いわゆるロスカットが発動されましたとのメールが、送信される事になるのです。

 

そしてそのメールは、とても重要な情報だと思います。人によっては、メールが届いた事によってロスカットの事実を把握している事もあります。逆にメールが届かなければ、その重要なお知らせに気がつかない事もあるのです。ですのでそのメールの役割は、案外と重要といえるでしょう。ところで会社によっては、もう少し早めの段階でメールを送信してくれる事があります。前述の例では水準が20%になっている訳ですが、中には40%などと設定をしてくれている会社もあるのです。そのような会社の場合は、早い段階から危機に気が付くことができるでしょう。

 

20%の段階でメールが届いたところで、正直少々遅い一面があります。ロスカットが発動されてしまったのであれば、なす術が無いでしょう。ところがロスカットが発動される40%などのタイミングでメールで通知してくれれば、もっと早い段階で手を打つこともできる訳ですね。例えばこの金融商品には、クイック入金というシステムがあります。あのネットを用いる速やかな入金システムであれば、直ちにお金を振り込む事によって、ロスカットを回避するよう手を打つこともできるのですね。

 

逆に40%の段階でメールが届かない事には、それが難しくなってしまう事もあります。それで資産が激減してしまうのは、やはり悲しいでしょう。ですのでFXの会社を選ぶ時には、40%の段階でメールを通知してくれる所を探すのが良いですね。