自動的なシステムながらも自由度が高いFX

自動的なシステムながらも自由度が高いFX

自動的なシステムながらも自由度が高いFX

 

FXには、自動的な売買の方法があります。あれは、忙しい方々にとってはとてもメリットが大きいですね。全ての売買を代行してくれるので、パソコンの電源がオフになっていても実行されるメリットは大きいと思います。ところで自動的な方法は、投資信託に似ている一面があるのです。なぜなら、売り買いを任せることになるからです。投資信託という商品の場合は、基本的には誰か専門家の方々に任せるのが一般的ですね。自分で売買を行う訳では無く、専門知識が豊富な方に任せることになるのです。ですので普段の仕事がお忙しい方にとっては、投資信託もメリットは大きいと思います。ですのでFXの自動売買とどちらが良いか、迷っている方もたまに見られるようですね。

 

私は個人的には、投資信託もFXの自動的なシステムの方が、メリットは大きいと考えています。なぜならそれには、手数料に関するメリットがあるからです。そもそも投資信託では、解約時に多くの手数料がかかる事になります。それは、少なくともFXに比べると高めに設定されているのですね。しかもあの商品は、解約時のタイミングによっては、かなり多くの手数料が生じてしまう事があります。基本的には即日の解約が難しい商品になり、少なくとも数日や数週間程度は待つ必要があるのです。つまり解約の自由度は、比較的低めな金融商品になる訳ですね。

 

ところがFXという商品の場合は、もっと自由度は高めになる訳です。基本的には自分の好きなタイミングで、建玉などを外すことができます。また自動的な売買とは言っても、実は途中で手動に切り換えをする事も可能なのですね。随時自分の好きなタイミングで切替をし、臨機応変な売買をする事も可能になります。そして投資信託の場合は、それは非常に難しいのです。あくまでも専門家の方に一任をするのが、その商品の特徴の1つになります。比較的自由に売買をする事ができるという意味では、投信よりはFXの方がメリットが大きいのではないでしょうか。