国内業者よりは問い合わせの方法が充実している海外

国内業者よりは問い合わせの方法が充実している海外

国内業者よりは問い合わせの方法が充実している海外

 

FXは、主に2種類の会社があります。海外もしくは日本国内の会社のどちらかになるのです。そして、それぞれの会社により特徴などは異なってきます。私たちが金融会社でのサービスを利用していると、たまに会社に対して問い合わせをしたいと思う事があるのです。そして、それは国によってシステムも異なっているのですね。国によっては、かなり独自の方法で問い合わせができる場合があります。

 

例えばアメリカの会社の場合は、チャットを用いて問い合わせをする事が可能なのです。向こうの現地に常駐しているスタッフの方と、パソコンのチャットのシステムを用いて、様々なやり取りをする事になります。ところが日本の場合は、必ずしもそのチャットのシステムが採用されているとは限らず、むしろ電話に限定されている事が多いのですね。現に私が売買をしている金融会社でも、チャットではなく電話を採用している状況になります。

 

どちらの方がやりやすいかと言われれば、私は海外に軍配が上がると考えています。なぜなら説明の分かりやすさに関するメリットがあるからです。確かに電話だけでも、ある程度のサポート内容は把握する事ができますが、やはり音声だけのやり取りには限界があるのです。相手の話を音声だけで把握する事が可能かと言われると、それも少々微妙な一面があるでしょう。むしろ文字媒体などを併用する方が、かえって話が分かりやすい一面があります。

 

そして海外のチャットというシステムの場合は、文字が併用される事になるので、サポート内容も分かりやすい事も多いのですね。ちなみに海外の会社によっては、独自の動画システムなどを用いて、さらに分かりやすいサポートのサービスを受けられる事もあります。それぞれの会社により、システムも異なっている訳ですね。ですのでFXの会社に対してサポートの良さを求めるならば、かえって海外の会社の方が使いやすい一面もあります。ただ向こうの会社に日本人のスタッフが常駐しているか否かは、やはり大切な問題になるでしょう。