バイナリーオプションで億万長者を目指す日記

バイナリーオプションの仕組みを理解しよう

バイナリーオプションで億万長者を目指す日記

 

バイナリーオプションはルールが単純なので初心者でも始めやすい事がメリットではありますが、その仕組みをよく理解しないで適当に投資をすると利益よりも損失の方が大きくなってしまうので注意が必要です。バイナリーオプションでは例えば、株や外国通貨などの相場を見て、相場が上がるのか下がるのかを予想してお金を投資します。当たった場合は利益が得られ、外れた場合は投資した金額を失うという極めて単純な仕組みなのです。

 

二者択一なので適当に投資をしても二分の一の確率で当たるという事になるので、同じ金額をかけ続けて勝率が50%ならばプラスマイナスゼロという事になるのではないかとかんがえがちですが、そういう訳では無いのです。予想して投資をする際にはペイアウト率というものがあり、例えばペイアウト率が1.9倍で1千円かけた場合、当たった場合は1千9百円となるのに対し、外れた場合は投資した1千円を失う事になります。

 

ペイアウト率が2倍で勝率が50%であれば、トータルではプラスマイナスゼロという事になるのですが、ペイアウト率は2倍よりも若干低めに設定されるのです。どうして2倍に設定されないのかというと、2倍に設定したのであっては業者の取り分が無くなってしまい、無償で利用者の投資の手伝いをする事になってしまいます。業者はボランティア活動を行っているわけでは無く利益を得る必要があるので、それがペイアウト率に反映されているのです。

 

つまり、ペイアウト率の調整によって業者は手数料を得ているという訳です。出来る限りはペイアウト率は2倍に近い取引をした方が利用者にとってはお得という事になるのですが、手数料が含まれているからこそ勝率が5割では損失の方が大きくなってしまうという訳です。ただ、バイナリーオプションは二者択一で適当に投資したのでは勝率が50%であるとはいっても、実際は相場を読めればもっと高い勝率にする事も可能なので、上手く投資すれば損失よりも利益を大きくする事は不可能では無いです。

 

 

バイナリーオプションの攻略法は存在するか

バイナリーオプションで億万長者を目指す日記

 

バイナリーオプションに攻略法があるのかと誰もが思うことでしょうが、これをすれば勝てるというものはありません。もしそのような方法があれば、誰でも簡単に億万長者になっていますから誰もが勝てるという方法はないのです。それではバイナリーオプションは勝つことができないのかというと、そのようなこともなく独自の手法によって勝っているという人もゼロではありません。

 

バイナリーオプションで勝つためには、単純に勝率を高めるか、あるいは勝つ時に大きく勝つことが出来るのかという部分がまずポイントとなってきます。まず、バイナリーオプションはペイアウト率が1.8倍程度の業者が多いので単純に勝率が五分五分の場合には、必ず負けてしまうということになります。為替が上昇するか下落するかは二択ですから、どちらの結果になるかは半々ということになるのでこれだけみれば、バイナリーオプションでは勝つことができないということになります。

 

しかし、相場というのは方向性が出てくる瞬間というのがありますから、方向性が出てきた時にタイミングよくエントリーをすることができれば、勝率をアップさせることができます。そのため、じっくりと相場の流れを観察して勝率の高いところでのみエントリーをすれば、1.8倍程度のペイアウト率であっても勝つことはできないわけではないのです。

 

次に大きく勝つという方法ですが、バイナリーオプションは結果が出るまでの時間が短くまた投資した金額が倍近くになって戻ってくるという性質があり、更に少額のポジションからでも持つことが出来るという特徴があるので複利運用をしやすいものとなっています。そのため、勝った時にそのまま利益を次のポジションにつぎ込み連勝をすることができれば、短期間でも大きく勝つことができます。負けてもマイナスになるのは最初に投じた分だけで、勝った時は大きいので勝率は低いものの大きく勝ちやすい方法となっているので上手く行けば早い段階で勝ち逃げが出来るものとなっています。

 

 

バイナリーオプションは国内と海外の証券会社を選べる

バイナリーオプションで億万長者を目指す日記

 

海外で人気のバイナリーオプションには国内からでも自由に参加できます。あるモノの価値の次の価値を予想するだけの簡単な投資で、多くの人に人気です。国内から参加するためには、まず証券会社の選択から始めましょう。証券会社は国内だけでなく海外にもあります。それぞれ投資ができる時間帯、対象となるモノに違いがあるので、その特徴をしっておきましょう。海外のほうが制限が緩いため、1日で何回でも取引ができます。また、対象となるモノの数が多く、金や銀を始め小麦粉や原油なども対象にできます。

 

ただし海外の証券会社を利用する場合、その登録はすべて海外のウェブサイトで行うことになります。新規のアカウント登録から新規の証券口座の作成まで、英語で記載されたサイトで行うことになります。もちろん日本語のマニュアルや日本語に最適化されたサイトがあるので、それが利用できればあまり苦にはなりません。もしそういった煩わしさが嫌なのであれば国内にある証券会社でアカウントの作成や証券口座の作成を行うと良いです。海外よりも制限はありますが、その分信頼することができます。おまけに国内の証券会社の方が入出金手続きをスムーズに行なえます。リアルタイムでの手続きが可能なので、お金が必要なときに引き出せます。

 

どちらを選択するかは自由です。制限の少ない海外の証券会社を選ぶか、それとも信頼できる国内の証券会社を選ぶのか、それは本人の自由です。もう少し詳しい情報を知りたいのであれば、ネット上にあるブログやホームページなどを差参考にすると良いです。情報がまとめられたサイトがあり、そこで証券会社の比較ができます。海外の証券会社から国内の証券会社まで、ほとんどの情報が揃っているので参考にすると良いです。証券会社の選択で、その後のバイナリーオプションの結果が大きく変わります。選択を間違えれば損をする可能性もあるので、自分のライフスタイルにあったところを選ぶと良いです。
参考:バイナリーオプションおすすめサイトはこちら

状況が把握できるまでに多少時間がかかるFXのツール

 

FXで売買をする時には、様々なツールを利用する方々が多いです。そして多くの方々は、そのツールを基準に業者を選んでいます。できるだけそのツールが充実している業者の方法が望ましいので、独自ツールを完備しているか否かによって、業者を選んでいる方も見られる訳ですね。確かに業者によっては、とても良いツールが完備されているとは思います。しかし最近では、ツールに執着するのもあまり良くないとの考え方も根強くなってきています。なぜならツールで分かる情報は、少々遅い一面があるからです。

 

そもそもFXのツールは、後追いになっている一面があります。ですのでツールで情報が分かったところで、既にあまり意味が無いケースも多いのです。例えばFXの代表的なツールの1つに、移動平均線があります。あれを用いると、現在の外貨はどちらの方向に動いているか、ある程度把握する事が可能です。ところでその移動平均線は、出現するまでは少々遅い一面があるのです。例えば上昇トレンドらしきものが形成されていたとして、それがある日の午後3時頃に確認できたとします。そしてそれをローソク足で、何とか察知できたとしましょう。

 

それで移動平均線でその状況が把握できるのは、それよりもさらに遅い事が多いのです。すなわち午後5時や午後6時などと、やや遅いタイミングでようやく察知できる事があります。2時間も遅れてしまうのでは、せっかくの売買のチャンスを逃してしまう事にもなりかねないでしょう。ですのでツールを用いるよりは、むしろ自分でローソクを見る方が早い一面があります。

 

つまりFXのツールというのは、必ずしも過信できるとは限らないのですね。現に私もFXのツールを使わないようになってから、売買の成績が上昇してきています。FXの売買の成績は、ツールの使い方にはあまり左右されないとは考えています。ツールよりも、また別の要素が重要になってくるケースが多いのですね。それを勉強するのは、FXではとても大切だと思います。

続きを読む≫ 2016/06/01 23:41:01

自動的なシステムながらも自由度が高いFX

 

FXには、自動的な売買の方法があります。あれは、忙しい方々にとってはとてもメリットが大きいですね。全ての売買を代行してくれるので、パソコンの電源がオフになっていても実行されるメリットは大きいと思います。ところで自動的な方法は、投資信託に似ている一面があるのです。なぜなら、売り買いを任せることになるからです。投資信託という商品の場合は、基本的には誰か専門家の方々に任せるのが一般的ですね。自分で売買を行う訳では無く、専門知識が豊富な方に任せることになるのです。ですので普段の仕事がお忙しい方にとっては、投資信託もメリットは大きいと思います。ですのでFXの自動売買とどちらが良いか、迷っている方もたまに見られるようですね。

 

私は個人的には、投資信託もFXの自動的なシステムの方が、メリットは大きいと考えています。なぜならそれには、手数料に関するメリットがあるからです。そもそも投資信託では、解約時に多くの手数料がかかる事になります。それは、少なくともFXに比べると高めに設定されているのですね。しかもあの商品は、解約時のタイミングによっては、かなり多くの手数料が生じてしまう事があります。基本的には即日の解約が難しい商品になり、少なくとも数日や数週間程度は待つ必要があるのです。つまり解約の自由度は、比較的低めな金融商品になる訳ですね。

 

ところがFXという商品の場合は、もっと自由度は高めになる訳です。基本的には自分の好きなタイミングで、建玉などを外すことができます。また自動的な売買とは言っても、実は途中で手動に切り換えをする事も可能なのですね。随時自分の好きなタイミングで切替をし、臨機応変な売買をする事も可能になります。そして投資信託の場合は、それは非常に難しいのです。あくまでも専門家の方に一任をするのが、その商品の特徴の1つになります。比較的自由に売買をする事ができるという意味では、投信よりはFXの方がメリットが大きいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/06/01 23:41:01

海外よりも入金の利便性が高い国内にある会社

 

日本と海外では、色々とシステムが異なっている一面があります。それで日本のシステムに慣れた方々は、たまに海外のシステムで困惑をしている事があるのです。その1つが、業者に対する入金のシステムになります。人々の中には、なかなか海外のシステムに入金をする時に困惑をしている事があるのです。と言うのも海外の会社の場合は、銀行振り込みなどのシステムが難しいケースが多いです。

 

FXなども、その1つになるでしょう。向こうの業者に対して入金をするとなると、基本的にはカードを用いる事になります。いわゆるクレジット媒体などを用いて、向こうの会社に入金をするのが一般的なのですね。ちなみに海外送金という方法も、一応可能ではあります。ところがその方法には1つデメリットがあって、手数料などはかなり高めに設定されているのです。またかなりの時間を要する傾向があります。

 

ところが日本の会社の場合は、その送金システムが非常に充実しているのです。日本の場合は非常にシンプルで、単純に銀行振り込みを用いる事によって、業者に入金をする事ができるでしょう。スピードも早いですし、手数料を非常にリーズナブルなのが特徴的です。つまり全く同じFXという商品でも、日本と海外では入金の利便性が異なっている訳ですね。
なぜ日本の方が海外よりも入金の利便性が優れているかと言われると、その理由の1つが昔からの送金の充実性です。実は日本という国は、国内での送金の利便性が世界屈指のレベルになっています。江戸時代から送金システムが構築されているので、非常にスムーズにお金を送れるようになっている訳です。ですので海外に比べると、お金の流れは非常にスムーズなのですね。

 

ところが海外FXの場合は銀行振り込みを用いるのがとても難しいので、基本的にはクレジットカードになってしまう訳です。ですので送金の利便性という意味では、やはり国内の方が海外よりはメリットは大きいと言えるでしょう。手軽な入金を望むならば、国内業者を選ぶのが良いと思います。

続きを読む≫ 2016/06/01 23:41:01

口座を作れるかどうかに関わってくる保有資産

 

FXの口座を作るとなると、まずは審査を受けることになります。それで一定の基準を満たしている方々は、口座を作れる流れになるのですね。逆に基準を満たしていなかった場合は、口座を作るのは少々難しい傾向があります。ですのでこの金融商品は、審査に通るか否かはとても大切といえるでしょう。ところでこの金融商品での審査基準の1つは、現在自分が保有している資産なのです。それが一定の基準を超えているか否かで、口座を作れるかどうかも変わってくる訳です。

 

例えばある金融会社では、資産が数十万円を超えているか否かによって、口座を作れるか否かも変わってきます。超えていなければ、残念ながらその会社で口座を作るのは少々難しくなる訳ですね。逆にそれを超えていると、基準の1つを満たしている事になります。そして、それは他の金融商品とは大きく異なる点の1つなのです。キャッシングなどの商品の場合は、そうではありません。あの商品の場合は、現在自分が保有している金融資産の状況などは、あまり重視されないのですね。どちらかと言うと、現在のお勤め先の状況などが、重視される傾向があります。とりわけお勤め先での勤続年数などは、かなり重視される事が多いです。

 

ところがFXの場合は、お勤め先での状況はあまり関係ありません。と言うよりも、ほとんど審査にかかわらないという表現の方が妥当でしょう。あれは、あくまでもFXの会社が連絡先を知る為に、お勤め先の情報を把握しておきたいに過ぎないのです。ですので勤続年数なども、ほとんど重視されない訳ですね。どちらも金融関連の商品ではありますが、審査の基準などは異なっている訳です。

 

なおFXにてどれ位の金融資産が求められるかは、それぞれの会社によって異なる状況ですね。前述のように数十万円ほど求められる会社もあれば、数万円程度でも特に問題無い会社など様々です。大抵の会社はそれを非公開にしているので、具体的に何円ほど保有していれば審査に通るかは、何とも言えない一面があります。基本的には、数十万が目安になると考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/01 23:40:01

国内業者よりは問い合わせの方法が充実している海外

 

FXは、主に2種類の会社があります。海外もしくは日本国内の会社のどちらかになるのです。そして、それぞれの会社により特徴などは異なってきます。私たちが金融会社でのサービスを利用していると、たまに会社に対して問い合わせをしたいと思う事があるのです。そして、それは国によってシステムも異なっているのですね。国によっては、かなり独自の方法で問い合わせができる場合があります。

 

例えばアメリカの会社の場合は、チャットを用いて問い合わせをする事が可能なのです。向こうの現地に常駐しているスタッフの方と、パソコンのチャットのシステムを用いて、様々なやり取りをする事になります。ところが日本の場合は、必ずしもそのチャットのシステムが採用されているとは限らず、むしろ電話に限定されている事が多いのですね。現に私が売買をしている金融会社でも、チャットではなく電話を採用している状況になります。

 

どちらの方がやりやすいかと言われれば、私は海外に軍配が上がると考えています。なぜなら説明の分かりやすさに関するメリットがあるからです。確かに電話だけでも、ある程度のサポート内容は把握する事ができますが、やはり音声だけのやり取りには限界があるのです。相手の話を音声だけで把握する事が可能かと言われると、それも少々微妙な一面があるでしょう。むしろ文字媒体などを併用する方が、かえって話が分かりやすい一面があります。

 

そして海外のチャットというシステムの場合は、文字が併用される事になるので、サポート内容も分かりやすい事も多いのですね。ちなみに海外の会社によっては、独自の動画システムなどを用いて、さらに分かりやすいサポートのサービスを受けられる事もあります。それぞれの会社により、システムも異なっている訳ですね。ですのでFXの会社に対してサポートの良さを求めるならば、かえって海外の会社の方が使いやすい一面もあります。ただ向こうの会社に日本人のスタッフが常駐しているか否かは、やはり大切な問題になるでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/01 23:40:01

40%の段階でメール通知をしてくれるFXの会社を選ぶ

 

FXで一番怖いのは、強制的な損切りです。損失の水準がある一定以上を上回ってしまえば、その強制的な損切りが発動される事になる訳ですが、大抵の業者ではメールが送信されるのですね。例えばロスカットの水準が、20%と明示されているとします。もちろんその数字に達してしまった時には、強制的に全てが決済されてしまう訳ですが、それと同時に口座保有者に対してメールが送信される訳です。いわゆるロスカットが発動されましたとのメールが、送信される事になるのです。

 

そしてそのメールは、とても重要な情報だと思います。人によっては、メールが届いた事によってロスカットの事実を把握している事もあります。逆にメールが届かなければ、その重要なお知らせに気がつかない事もあるのです。ですのでそのメールの役割は、案外と重要といえるでしょう。ところで会社によっては、もう少し早めの段階でメールを送信してくれる事があります。前述の例では水準が20%になっている訳ですが、中には40%などと設定をしてくれている会社もあるのです。そのような会社の場合は、早い段階から危機に気が付くことができるでしょう。

 

20%の段階でメールが届いたところで、正直少々遅い一面があります。ロスカットが発動されてしまったのであれば、なす術が無いでしょう。ところがロスカットが発動される40%などのタイミングでメールで通知してくれれば、もっと早い段階で手を打つこともできる訳ですね。例えばこの金融商品には、クイック入金というシステムがあります。あのネットを用いる速やかな入金システムであれば、直ちにお金を振り込む事によって、ロスカットを回避するよう手を打つこともできるのですね。

 

逆に40%の段階でメールが届かない事には、それが難しくなってしまう事もあります。それで資産が激減してしまうのは、やはり悲しいでしょう。ですのでFXの会社を選ぶ時には、40%の段階でメールを通知してくれる所を探すのが良いですね。

続きを読む≫ 2016/05/24 14:49:24

バックテストは長期売買よりも短期向けの一面が

 

FXには、自動的なシステムがいくつかあります。ここ最近では、多くの金融会社が自動的な売買をアピールするようになってきました。しかもパフォーマンスが良いものも、案外と多く見られるのですね。ちなみに会社によっては、それをEAと呼んでいる事もあります。売買をする為の独自のルールなどが幾つか見られる訳ですが、その効果の善し悪しを確認した上で、自分に最適な売買ルールを選ぶケースがほとんどですね。どうすれば最適なルールを選べるかというと、その1つがバックテストというシステムになります。あれは非常に便利ですね。

 

バックテストは、過去の動きを用いてのテストです。FXという商品が提供されてからすでに長い年月が経過している訳ですが、その間の外貨の動きも全てデータが記録されている訳です。そのデータを用いて、売買ルールの成績を確認するやり方があります。ただバックテストには、実は1つデメリットもあるのですね。残念ながら、あくまでも過去の動きに注目する事になる点です。

 

そもそも過去に通用したセオリーが、未来に通用するとは限らない一面があります。過去はあくまでも過去の動きで、未来とはまた話が別なのですね。ですのでバックテストを過信しないのは、確かに大切な一面があります。ところが売買ルールにも、実は様々な種類があるのです。短期向けや長期向けなど様々なルールが見られますが、その中でも短期売買向けのルールの場合は、全般的にはバックテストを信用できる事も多いのですね。

 

というのも短期売買向けのルールの場合、データ量が非常に多いのです。相当量のデータが蓄積されている事により、過去の動きも十分に参考になるケースが目立つのですね。少なくとも長期売買向けの売買ルールに比べると、かなり高い確率で的中すると考えられています。ですのでFXでの自動売買を検討しているならば、スキャルピングやデイトレ向けのバックテストを用いてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/05/24 14:49:24

経済ニュースが発表される事を通知してくれるチャート

 

FXで売買をする際には、経済的なニュースなどはとても大きなポイントになります。なぜならニュースが発表されるタイミングでは、大きな動きが生じがちだからです。とりわけアメリカの雇用に関するニュースなどは、かなり重要度が高いですね。この投資商品で売買をするならば、やはりそのニュースだけは見逃せないようにすべきでしょう。ところが、人によっては見逃してしまう事もあるのです。やはり人間は、誰しもうっかりミスはありがちなのですね。

 

私も初心者の頃には、その経済指標のタイミングをすっかり忘れてしまっていました。記憶では、3回くらい忘れてしまっていたのです。今なお苦い思い出の1つですね。それで思わぬ大きなが動きが発生してしまった事により、大きな損が生じてしまう可能性も、決してゼロではありません。ですのでニュースが発表されるタイミングでは、やはり数字を見逃さないようにすべきなのですね。

 

しかし実は、一部のチャートではそれを表示できる機能があります。例えばMT4というチャートなどです。それはある有名なプログラマーの方によって開発されているフリーソフトですが、非常に機能が充実しているのですね。日本のFXの会社では、なかなか見られない機能が完備しているのですが、その1つが上記の経済ニュースに関する情報です。というのもMT4では、そのニュースが発表されるタイミングにて、上下の棒が出てくるのですね。非常に視覚的に分かりやすく表示されているのですが、それがある事によって、ニュースを見逃す確率が低くなる訳です。ですのでMT4を使うならば、その機能は有効活用してみると良いでしょう。

 

ただしその経済ニュースに関する情報は、初期状態では表示できる状況にはなっていません。MT4で独自の設定作業を行った後に、そのニュースが表示できるようになる訳ですね。ですのでデイトレなどで売買をする方々などは、その設定作業は忘れないようにすべきでしょう。

続きを読む≫ 2016/05/24 14:49:24